スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドハンド

ゴッドハンド
 シュートが来ると、ゴールキーパーは上体を後ろにひねり、勢いよく右手を前方に突き出す。すると、輝く巨大な手のひらが現れ、ボールを止める。やがて手のひらは虚空に消え、ボールはゴールキーパーの右手に収まっている。これがゴッドハンド、雷門中のキャプテン・えんどうまもるの得意とする必殺技だ。
 この技の最大の謎は「あの巨大な手のひらは何なのか?」ということだ。
 多くのマンガやアニメには“気”というものが登場する。ゴットハンドの巨大な手のひらは、まさに“気”が実体化したように見える。ところが、その肝心の“気”が、科学ではまったく解明されていないのだ。ここは、気に気を取られることなく、あくまでも現実の科学で考えよう。
 ゲームの画面を見ると、巨大な手のひらはキーパーの手から出ているように見える。手を前方に突き出すことで、手から飛び出すものといえば、何だろう?しかも光を放つとしたら、その正体は?・・・ひょっとして、電子ではないだろうか!?
 われわれの体を作る原子は、プラスの電気を持った原子核を、マイナスの電気を持った電子が取り囲むという構造になっている。そしてこの原子核の周囲にある電子は、エネルギーを与えられると飛び出すことがある。
 代表的な例は、蛍光灯だ。電気のエネルギーで電極から飛び出した電子が、蛍光管の内側に塗った蛍光塗料にぶつかって光を出させる仕組みになっている。
 また、大きなエネルギーを持った電子が空気に衝突すると、空気が光を放つ。その代表例はオーロラだ。
 ここから推測するに、ゴッドハンドとは、腕を勢いよく突き出すエネルギーで、自分の手のひらから電子を飛び出させ、空気にぶつけて光らせる技ではないだろうか?
 そして、電子は手のひらから放たれるのだから、キーパーの手のひらに近いほど大量の電子が存在しているはずだ。電子を帯びたものは、周囲の物体を引き付ける静電気力を持つ。手のひらの近くの電子が静電気力でボールを引きつけているとすれば、ボールがゴールキーパーの手に吸い寄せられることも納得できる!
 さらに、電子にも重さがあるので、大量の電子を猛スピードでぶつければ、飛んでくるボールの勢いを弱めることも可能だ。大量の電子を放出すると、体を構成する電子がなくならないか心配になるが、キーパーは地面に立っているので、地面の電子が移動してくるから、きっと大丈夫!
 ここまでの推測が正しいとしたら、キーパーはゴッドハンドを出すために、どれほどの勢いで手を突き出しているのだろうか。人体の65%を占める酸素の原子から電子を飛び出させるための速度とは、時速790万㎞、マッハ6400!スピードでいえば、ライフル弾の2000倍。パンチ力に換算すれば180億tにもなる!
 さすが、雷門中のエンドを守る円堂守(えんどうまもる)。素晴らしいと称えるしかないゴールキーパーである。
スポンサーサイト
プロフィール

紳士

Author:紳士
職業 :決闘者
デッキ:【バイオライダー】
     【プリキュアデッキ】
     【真・六武衆X】
     【スキドレギアバレー】
     【緊テレTG代行】
     【シャクトパス】
     etc...
必殺技:無の構え
      デスカット
      初手リミ解
標準スキル:ディアボ・ドロー
        火事場のM力
       
デッキレシピ6段階評価
(【S】【A】【B】【C】【D】【E】)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。